生活費が足りない…

生活費が足りない…そのような時ってありますよね。。。

 

私も大学生の時は貧乏生活をしていた事があるので分かるのですが、お金が無い時というのは本当に辛いものです。まずは食費などを削って、1日カップ麺2個で過ごしてみたり、電気ガスなどの光熱費をできるだけ削減してみたり…考えうる限りの節約方法なども試してみるものです。

 

 

ですが、もし生活費を借りたいと思うとき、急に出費が必要になってしまう時ってありますよね。例えば、急に実家に帰らなければいけない時の旅費や、会社や友人関係での出費など、節約生活を送っていると、急な出費に苦しむことって結構多いものです。

 

本格的に足りない生活費を借りるのであれば、公的機関の貸付や生活保護などの国の制度を利用しましょう。国に甘えられるところは甘えたほうがいいです。

 

ただし借りられる条件があったり、手続きに時間がかかってしまうこともあるので、急な出費で、給料日になったらすぐに返済できるくらいの借入(1万〜3万位)であれば、すぐ借りられる即日融資も可能なカードローンで生活費を借りるのもいいかもしれません。

 

最短でその日に借りれるスピーディーな融資をしているところもあります。30日間無利息だと、尚良いですね。

 

カードローンはすぐに返済できるなら利息はほとんどつかないです。例えば3万円を生活費として借りた時の利息は、年金利18.0%で計算すると、10日後に返済した時の利息は約147円、30日後に返済すると約441円になります。

 

またプロミスなどが行っている初めての方限定の30日間無利息サービスなら、30日以内に全額返済すれば利息は0円になるので、給料日前に少しだけ生活費としてお金を借りて、給料日になったら全額返済すれば実質無料で生活費の借入ができます。

 

おすすめのカードローン

SMBCモビット

モビット
SMBCモビットは即日融資(※)も可能、スマホ完結、郵送物なし、来店不要と、とても利便性が高いのが特長のカードローンです。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

≫モビットのお申込みはこちら

 

 

生活費を借入するときの流れ、疑問

カードローンで生活費を借りる流れは以下のようになります。

 

生活費をカードローンで借りるときの流れ
WEB申し込み(WEBの方が最短で借りれる場合が多いです。)

免許証などをスマホ・ケータイなどのカメラで撮ってアップロード

電話連絡待ち

審査に通れば借入可能

指定の銀行口座にお金を振り込んで貰う or 全国にある無人契約機でローンカードを発行してその場でお金を引き出す。

 

このような簡単でシンプルな流れになっています。早ければその日のうちにお金を借りる事も可能なので、急いでいる場合でも比較的安心してお金を作る事ができますよ。

 

借入に必要な書類など

生活費をカードローンで借りるときに必要になる書類は、
身分証明書・・・免許証や保険証、パスポートなど
収入証明書・・・給与明細や源泉徴収票など(条件によっては必要ない場合もあります。)
実はこれだけで十分です。思ったより少ないですよね・・・。1万円〜10万円などの金額であれば、免許証さえあればお金が借りれる場合も多いです。

 

学生・主婦でも借りれる?

カードローンで生活費を借りる場合は、もちろん誰でも借りれる訳ではなく条件があります。条件としては、『20歳以上で、アルバイト・パートでもいいので安定した収入のある方』になります。

 

この条件が満たされていれば、学生でも主婦でも生活費を借りる事ができます。

 

土日、夜間でも借りれる?

土日で夜間であっても、お金を借りる事は可能です。ただしそれには条件があり、WEB申し込みをしており 無人契約機でローンカードを発行してお金を借りる この2つを守っていれば土日でもお金を借りる事ができます。

 

どういうことかと言うと、お金を借りるときに、こちらから指定した銀行口座にお金を振り込んで貰おうとすると、土日は銀行自体が閉まっている場合がほとんどなので、土日にお金を振り込むことができず、翌週の月曜日にお金が振り込まれることになってしまうのです。

 

しかし、全国に存在する無人契約機でローンカードを発行する方法なら、無人契約機が開いている時間であればいつでもお金を借りる事ができます。その場合はWEB申し込み→審査が完了→無人契約機という流れになります。

 

生活費が足りなくなる事は、各々の事情によってはどうしても起きてしまうと思います・・・。そういった時の為に、生活費をカードローンで借りる事はもちろん良いですが、お金を借りると言う事はしっかりと返済しなければいけないと言う事です。無理に借りる事はせずに、計画的に利用するようにしましょう。
お給料日前に借りて、すぐに返済できるようなプランなどが理想的ですね。